Natsumegblog

適当です。

「今年は強い。」 

毎年、春になると聞くこのフレーズ。 
これは母校のラグビー部に対する周囲の声だ。 
何度聞いたことだろうか。少なくとも自分が進路を気にしていた、 
数年前から、毎年毎年聞いていた。 


大学以降で知り合った友人のために補足しておくと、自分は中学のころからラグビー部で、高校にはラグビー推薦進学したラグビー野郎。 


ラグビーに出会うまでに、サッカー、野球、バスケいろいろなスポーツを経験したけど、ラグビーが一番自分に合っていたと思う。 


スポーツで同じチーム内に大きい人から小さい人、それぞれの特性に合わせたポジションがあって全部違って全部大切。 
なにより戦略を凌駕する気持ちが本当に大切なスポーツ。 
 
テンションでパフォーマンスが大きくブレる自分に合致していたし、 
このテンションを左右するストーリーを描いて伝えることが好きだった。 
また、そこにいくまでの戦略をつくることが好きだったし長けていたと思う。 
 

高校生活では朝から夜までラグビーばっかりで、 
高校生活の思い出はラグビーしかないと言っても過言ではなかった。 

ラグビー部以外の友人はほとんどいなかったけど、 
ラグビー部の友人とならどこでも行けて、何でもできると信じていた。 


そこには無限の可能性があったし、それぐらい信用して大好きだった。 
練習は毎日遅くまであったけど、みんながいたから楽しかったし、 
がんばれたと今だからこそ思うことができる。 


そんな中、高校1年生の時の試合中に友人が事故で死んだ。 


悲しいというより、虚無感が大きくて 
その時の気持ちを忘れないためにも大学に入学してすぐに友人と 
死んだ友人のドキュメンタリー制作した。 
友人やラグビー部のために何かを残したくて、何か自分で動きたくて。 


今思えば映像としてのクオリティはとても低いけど、 
大学生活を通じて創った中で、一番心がこもっている作品だ。 
この作品を一緒に作ってくれた友人には心から感謝してる。 


母校のラグビー部は友人が死ぬまでは県大会に行けるか行けないかぐらいの 
中の上ぐらいだった。 

 
友人が死んでからは監督や周囲、それ以上に選手個々人の気持ちが 
他校のそれとは比べ物にならなかったと思う。 

 
それからは県大会は当たり前、新人戦や東海大会幾度も優勝する強豪校となった。 
そりゃそうだ。背負っているものが他校のそれとは違いすぎる。 


これで自分たちが優勝して花園に行けたら良いドラマができるんだろうけど、 
現実はそんなに甘くなくて、おしいところまで手が届くも行くことはできなかった。 

「●●高等学校2名前へ。県大会優勝おめでとう」 

表彰式でどこかの偉いおっさんが言うこのおきまりのフレーズは、 
聞きたくなくて大嫌いだった。 

 
自分たち2位は1名しか呼ばれないのに優勝校は2人が前にでることができる。 
すげー嫌だった。 いつも決勝止まり。


自分たちの代が終わってからも、先輩や後輩が日本代表に選ばれたり、 
春の大会で優勝したり良い噂は聞くものの花園にはいけなかった。 
だからこそ「今年は強い」「今年は強い」と毎年言われ続けて負け続けていた。 


そんな中、2010年11月13日県で一番大きな競技場で花園をかけた大一番 
高校ラグビー県大会決勝。 

自分は東京にいて観に行くことはできなかったけど、何人かの友人は観に行っていた。 


キックオフの13:00前後から同期メールで全国にいる同期と随時結果を報告しあって、 
14:00前に一通のメールが。 


「かったよ。」 


電話にてでると音声がスピーカーになっていて 
会場のざわめきと偉そうなおっさんの声がマイクを通して聞こえた。 

「△△高等学校2名前へ。県大会優勝おめでとう」 

幾度も聞いたフレーズが今までとは少し違って聞こえた。 1名じゃなくって2名前へ。
そして会場の大きな賞賛の拍手を聞いて、そこではじめて泣いている自分に気付いた。 


ラグビー部創立史上始めての花園へ。 

自分たちの息子のように部員をかわいがってくれた死んだ友人のご両親。 
弱い部員に厳しく、強い部員に甘い監督。 
合宿でのまずい食事。 
佐賀工業の五郎丸
御所工業での極寒合宿
浪速高校プロップのおもしろさ 
東住吉高校の時に蹴られてできた左眉の大きな傷。 
大阪合宿で初めて見た夜美女というテレビ番組
朝明高校のガラの悪さ 
高蔵寺高校のかわいいマネージャー 
東海大仰星高校のキャプテンのリーダーシップ 
脱臼する友人
切れた足首の靭帯×3 
菅平での買い物 
初トライで褒められて泣いた友人 
3年間ぼくと同じクラスでマネージャーだった女の子
中学時代ラグビー部に誘ってくれた親友

 
まだまだ多くの本当に多くの数えきれない思い出がある。 


いろんな人や高校、合宿や試合を回顧して、 
なぜかその全てに感謝したくなった。 


本当にありがとう。

そして後輩たちおめでとう。 
きっと年末は大阪で花園を見に行きます。 

今なら胸を張って言うことができる。 



「今年は強い。」 
いや、きっとこれからも。 


12934798_852749898_69large



ーーーーー
※mixi整理してたらみつけた、ラグビー流行ってるし転載、たぶん10年近く前の記事。
って、すげー昔だな。


改めて見ると書き方がかっこつけてて恥ずかしいなこれ。
いまはラグビーも好きだけどおっぱいが好きです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

お久しぶりです。なつめぐです。

ひょんなことからWebの有名人@narumiとポッドキャストをやることになりました。
詳しい経緯はここに書いてあります。

名前は「ドングリFM」です。
ぜひIPhoneのpodcastアプリから購読して聞いてみてください。
 
17

ブログでも配信しているので、
さくっと聞きたい方はこちらからもどうぞ。
ポッドキャストとは、Webで聞けるラジオみたいなもので、
有名なものだとrebuildバイリンガールなどがあります。

これらに比べると内容も音の質もしょぼいです。
しょぼいですが、やってる本人たちはとても楽くやっています。

配信の中には「最近、雨多いですね」って
どうでもいいことしか話していないものもあります。
 
正直中身のないものや面白くないものもたくさんあるので、
のんびり聞いてもらえると嬉しいです。

個人的にオススメするならどれだろ。
これかな。



この回は話していたらブレストっぽくなって面白かったです。
iTunesはこちら

ポッドキャスト配信方法は、けっこう困ったことも多かったので、
今後のためにどこかで書いて共有したいです。

ご意見やご感想は #dongurifmでツイートしてもらえると嬉しいです。
いつまでやるのかわかりませんが、
とりあえず100回ぐらいまではやってみようと思います。

ぼくとなるみさんの居酒屋での会話を
隣の席でぼんやり聞いているような。

なるみさんの声をひたすら聞きたいような。
※なるみさんは声が良い

そんな感じでやりたいなーって思ってます。


気軽に登録してみてください。


はじめましてポッドキャスト



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ