Natsumegblog

適当です。

最近寒くなってきましたね、
どうも、なつめぐです。

かわいい友達からバトンが回ってきたので久しぶりにブログ更新。

バトンの詳細はこちら
要は2015年で1番よかったWeb記事を選ぶ企画です。


▼1番よかった記事
1番か、どうかはわからないけど個人的に心を動かされた記事はこちら。


もっと面白い未来のために
ぼくは何ができるんだろうと考えさせたられた文章。

面白い未来をつくっていくのは他でもない、
いま生きてる自分たちだから、
生きてる間に、元気なうちに面白いことやりたいと思いました。

でもそんな未来は半径5mの積み重ねってどこかの本に書いてあったから
志は持ちながらも、まずはいま目の前にあるものに
精一杯がんばっていきたいです。


…いま気付いた。Web記事じゃないわこれ。


まあいいや。
川島さんの文章もいいけど、
1番だけじゃなくっていろんな賞があってもいいじゃないかな。

ということでいろんな賞をつくりました。


▼うまいで賞

最近どうでもいい面白くないどうでもいい記事多くないですか。
そうでもないですか。前からですか。そうですか。
つくる側の視点から「やべーーー!!」って思った記事を紹介します。



みんな大好き小野ほりでいさん。
ホント好き。天才だと思うわまじで。
PC推奨。
内容は意味分かんないけど、
無駄にサイトキレイだし、
意味分かんないし、意味分かんない。
でも好き。




ご存知、AruFa君の記事。
GIFの使い方が上手すぎる、
これは何かAruFaに貢献しないと思って、
ぼくこのシームレスダウン買いましたからね(マジで)




七億さんめっちゃ好きです。
最近よくある桃太郎のフレームで記事つくるのは
いろんな人に真似されてますけど、元々は七億さん発です。 


▼面白いで賞


面白いとか言ったら怒られるんですが、
でも面白かった。心は確実に動かされました。
適当にがんばって生きようと思った。
…これもWeb記事じゃない。



▼感動したで賞

仲良くしてもらってる柿次郎さんの結婚式の記事。
こっちの記事を読んでから見ると泣けてくる。




ぼくの母親もライブとか好きだから、
すごい親近感湧いた記事。




▼勉強になったで賞
勉強になった記事はiPhoneのメモにコピペして、
おぼえるために書き写しているんですが、今年書き写した記事の一部。


仲良くさせてもらってるゆーすけさんの記事。
2番目のクソブロガー問題は超大事。

これエンジニアだけじゃなくってライターや、
他の職種にも言えそうな気がする。




任天堂の岩田社長が亡くなった時に、
どこかの誰かが書いた記事。

圧倒的な知識量を構造的にわかりやすく書かれてる。


▼熱量すごいで賞


これ今年の1番にしようか迷った。
本当かどうかはわからないけど、とくにかくすげー熱量を感じた。
読んでると、海で溺れかけてる気がしてすごく疲れる記事。
元気な時に見ないと死にかける。




ミュージシャンのkenさんが地上波に初めてでた時の記事。
文章がうまいとか下手とかそんなこと関係なく、想いがすごく伝わってくる。
まだ見てない人はぜひ。ロックです。




飢餓感、焦燥感を圧倒的な熱量で語る嗜好の記事。
1つのことに人生を捧げた人の、
本当に本当に辛い気持ちが伝わってくる。
これも見ていて苦しくなる記事。

いままで苦労している人ほど、
大変だった経験がある人ほど、 
いろいろな思いが蘇って苦しくなる記事。
元気な時に見ないと窒息死する。
さっきのは死にかけるだったけど、
こっちはまじで死ぬ、うっかり見ると死ぬ凶器。


▼タイトルがかっこいいで賞


見たまんま。内容は春に雪が降ったというだけなんですが、
それをこんな風情あるになりました。タイトルかっこいいという話。


▼なんとなく好きで賞
深い理由ないです。なんとなく好き。
 

わけのわからないものを、

ちゃんと言葉にできる力、
ちゃんと形にできる力、
ちゃんと実現できる力

これほしいなー。大事。
企画考えるだけならだれでもできる。 




ぼくも「おしっこしたい」とかばかりツイートしてる。



賛否両論あった記事。好き。




ぼくも海賊になりたい。





「あるあるあるあるあるある」って首がもげるほどうなずいてしまった
言われてみればたしかに千尋だ、例えがうまい。



▼ぼくが関わったもの

やっぱりこれかなぁ。
よくWebで「バズった」とか言うじゃないですか。
100や200のシェアでバズってるとか炎上してるって聞くけど、
この記事のシェア数やばい。
その数なんと 

9万5000シェア

すげーざっくり計算しても、
Facebookのフレンドが400人だとして、
3800万人にリーチしてる計算になる。やばい。

電車で両隣の人がこの記事見てましたからね。
今まで自分が携わったもので一番反響が大きかったかも。

ここでちょっとだけ裏話
ぼくこのメディアの編集長をやってて、
それで全体に共有した話なんですが、 

いま話題になってる人はぼくたちが取材しなくても誰かが書くし、
読者も見飽きてる。

流行ってる人を紹介してツイートしてもらってPVが〜
とか、そんな小さなことじゃない。

まだ他の人が知らない、消費されるだけじゃなく何かを生み出すものを記事にしたい。

「あの記事があったから、いまの人生がある」

読者も、インタビューされた人もそう思ってほしい。

そんな風に思ってつくった記事。
書いたのぼくじゃないけど。


でもこれ、編集しててすごくいい記事で、
絶対面白いと思ったのに、
実際だしたら1日ぐらい全然見られなかった。

で、タイトルを誰でもわかるように変えたら
変えた瞬間すげーツイートされた。
まじでタイトル大事。まじでタイトル大事。
まじで大事。 

この先生のTwitterフォロワー数、
ぼくが見たとき200人だったのに、
いま見ると2万人超えちゃってますからね。
テレビや本などメディアからの連絡が、
わかってるだけでも50近くきました。
メディアってすごい。


あとこれかなー

刃牙の記事(花山薫かも)
編集してる時から笑いが止まらなかった経験ってありますか。
ぼくはこれです。 
作ってて楽しかった。リリースする前に絶対面白いと確信した記事。


以上です。

次は、だれか書きたい人書いてください。

Webって記事読んでも忘れてるな―。

この企画面白いので、はてなさんやLINEさん協賛ください。
一番選ばれたものに賞金とかどうですか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

「今年は強い。」 

毎年、春になると聞くこのフレーズ。 
これは母校のラグビー部に対する周囲の声だ。 
何度聞いたことだろうか。少なくとも自分が進路を気にしていた、 
数年前から、毎年毎年聞いていた。 


大学以降で知り合った友人のために補足しておくと、自分は中学のころからラグビー部で、高校にはラグビー推薦進学したラグビー野郎。 


ラグビーに出会うまでに、サッカー、野球、バスケいろいろなスポーツを経験したけど、ラグビーが一番自分に合っていたと思う。 


スポーツで同じチーム内に大きい人から小さい人、それぞれの特性に合わせたポジションがあって全部違って全部大切。 
なにより戦略を凌駕する気持ちが本当に大切なスポーツ。 
 
テンションでパフォーマンスが大きくブレる自分に合致していたし、 
このテンションを左右するストーリーを描いて伝えることが好きだった。 
また、そこにいくまでの戦略をつくることが好きだったし長けていたと思う。 
 

高校生活では朝から夜までラグビーばっかりで、 
高校生活の思い出はラグビーしかないと言っても過言ではなかった。 

ラグビー部以外の友人はほとんどいなかったけど、 
ラグビー部の友人とならどこでも行けて、何でもできると信じていた。 


そこには無限の可能性があったし、それぐらい信用して大好きだった。 
練習は毎日遅くまであったけど、みんながいたから楽しかったし、 
がんばれたと今だからこそ思うことができる。 


そんな中、高校1年生の時の試合中に友人が事故で死んだ。 


悲しいというより、虚無感が大きくて 
その時の気持ちを忘れないためにも大学に入学してすぐに友人と 
死んだ友人のドキュメンタリー制作した。 
友人やラグビー部のために何かを残したくて、何か自分で動きたくて。 


今思えば映像としてのクオリティはとても低いけど、 
大学生活を通じて創った中で、一番心がこもっている作品だ。 
この作品を一緒に作ってくれた友人には心から感謝してる。 


母校のラグビー部は友人が死ぬまでは県大会に行けるか行けないかぐらいの 
中の上ぐらいだった。 

 
友人が死んでからは監督や周囲、それ以上に選手個々人の気持ちが 
他校のそれとは比べ物にならなかったと思う。 

 
それからは県大会は当たり前、新人戦や東海大会幾度も優勝する強豪校となった。 
そりゃそうだ。背負っているものが他校のそれとは違いすぎる。 


これで自分たちが優勝して花園に行けたら良いドラマができるんだろうけど、 
現実はそんなに甘くなくて、おしいところまで手が届くも行くことはできなかった。 

「●●高等学校2名前へ。県大会優勝おめでとう」 

表彰式でどこかの偉いおっさんが言うこのおきまりのフレーズは、 
聞きたくなくて大嫌いだった。 

 
自分たち2位は1名しか呼ばれないのに優勝校は2人が前にでることができる。 
すげー嫌だった。 いつも決勝止まり。


自分たちの代が終わってからも、先輩や後輩が日本代表に選ばれたり、 
春の大会で優勝したり良い噂は聞くものの花園にはいけなかった。 
だからこそ「今年は強い」「今年は強い」と毎年言われ続けて負け続けていた。 


そんな中、2010年11月13日県で一番大きな競技場で花園をかけた大一番 
高校ラグビー県大会決勝。 

自分は東京にいて観に行くことはできなかったけど、何人かの友人は観に行っていた。 


キックオフの13:00前後から同期メールで全国にいる同期と随時結果を報告しあって、 
14:00前に一通のメールが。 


「かったよ。」 


電話にてでると音声がスピーカーになっていて 
会場のざわめきと偉そうなおっさんの声がマイクを通して聞こえた。 

「△△高等学校2名前へ。県大会優勝おめでとう」 

幾度も聞いたフレーズが今までとは少し違って聞こえた。 1名じゃなくって2名前へ。
そして会場の大きな賞賛の拍手を聞いて、そこではじめて泣いている自分に気付いた。 


ラグビー部創立史上始めての花園へ。 

自分たちの息子のように部員をかわいがってくれた死んだ友人のご両親。 
弱い部員に厳しく、強い部員に甘い監督。 
合宿でのまずい食事。 
佐賀工業の五郎丸
御所工業での極寒合宿
浪速高校プロップのおもしろさ 
東住吉高校の時に蹴られてできた左眉の大きな傷。 
大阪合宿で初めて見た夜美女というテレビ番組
朝明高校のガラの悪さ 
高蔵寺高校のかわいいマネージャー 
東海大仰星高校のキャプテンのリーダーシップ 
脱臼する友人
切れた足首の靭帯×3 
菅平での買い物 
初トライで褒められて泣いた友人 
3年間ぼくと同じクラスでマネージャーだった女の子
中学時代ラグビー部に誘ってくれた親友

 
まだまだ多くの本当に多くの数えきれない思い出がある。 


いろんな人や高校、合宿や試合を回顧して、 
なぜかその全てに感謝したくなった。 


本当にありがとう。

そして後輩たちおめでとう。 
きっと年末は大阪で花園を見に行きます。 

今なら胸を張って言うことができる。 



「今年は強い。」 
いや、きっとこれからも。 


12934798_852749898_69large



ーーーーー
※mixi整理してたらみつけた、ラグビー流行ってるし転載、たぶん10年近く前の記事。
って、すげー昔だな。


改めて見ると書き方がかっこつけてて恥ずかしいなこれ。
いまはラグビーも好きだけどおっぱいが好きです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ